JDニュース

中国初の「全行程コールドチェーン越境物流」開始 中国・アフリカを繋ぐ“一帯一路”のサプライチェーンを確立

中国市場を牽引するECサイト「京東商城(ジンドンしょうじょう)(JD.com)」を運営する中国・小売業No.1の大手EC&小売インフラカンパニー京東集団(ジンドンしゅうだん)(代表:劉強東 本社:中華人民共和国 北京市 NASDAQ:JD)は、 2019年1月28日、 中国で初めて中国-ウガンダ間の越境物流における陸・海・空輸送の全行程にコールドチェーンを導入したことをお知らせします。 今回のコールドチェーン導入により、 ウガンダ産天然ドライマンゴーとケニア産コーヒーを越境ECサイト「京東海囤全球(ジンドンかいとんぜんきゅう)」で販売します。

この度の全輸送行程におけるコールドチェーン導入は中国-アフリカ間でクロスボーダーサプライチェーンを持つ果鋭科技(グォルイカジ)(以下:AFRICHAIN)との連携によって実現しました。 アフリカ政府、 現地ブランドの協力の下、 AFRICHAINの持つ越境サプライチェーンと京東物流の持つ中国保税物流、 倉庫、 国内配送網を連動させ、 流通効率最大化の実現を目指します。

越境ECにおける生鮮食品の輸送では、 コールドチェーンによる品質管理が重要となっています。 アフリカ諸国には新鮮な果物、 ナッツやドライフルーツ、 コーヒーなど、 中国市場に出回っていない高品質な製品が数多く存在します。 この度の全行程コールドチェーン導入により、 中国からウガンダの長距離間でも品質を担保した輸送が可能になります。 今後京東は自社の品質管理システム、 マーケティング、 サプライチェーンを通じ、 アフリカ製品の中国市場参入及びアフリカ諸国の経済発展を支援します。

これからも京東は中国国内における「小売業者No.1」「物流網No.1」※1という強みを活かし、 積極的なイノベーションを継続させながら、 「ボーダーレスリテール※2」の実現に向けて技術発展を目指してまいります。

▲記念セレモニーの様子。カマニ在中ケニア公使(右4)、京東海囤全球・楊葉総経理(右3)、
果鋭科技・呂翠峰董事長(右2)、キヨンガ在中ウガンダ大使(右1)

 

■京東海囤全球(ジンドンかいとんぜんきゅう)について

京東の越境ECモールとして運営されていた「京東全球購(ジンドンぜんきゅうこう)(JDWorldwide)」は、さらなる進化を遂げるため2018年11月19日より名称を「京東(ジンドン)海囤全球(かいとんぜんきゅう)」に変更しました。京東海囤全球(ジンドンかいとんぜんきゅう)では、現地からの買い付けや、メーカーと直接やりとりするビジネスモデルなどに重点を置き、京東の物流システムによって短期間で海外の優良製品を中国消費者に提供します。また、京東海囤全球(ジンドンかいとんぜんきゅう)の持つ品質管理システムや正確なマーケティング、強力なサプライチェーンによって中国市場に輸入される多くの海外製品をサポートしています。

現在、京東海囤全球(ジンドンかいとんぜんきゅう)では世界70カ国以上と直接の買い付けを行っています。ブランド数は約2万、SKUは1000万以上と、多くの海外ブランドに選ばれている中国市場の越境ECサイトとなっています。