JDニュース

京東物流コンサルティングサービスを開始 京東物流の無人技術やスマート物流設備の導入が可能に

中国市場を牽引するECサイト「京東商城(ジンドンしょうじょう)(JD.com)」を運営する中国・小売業No.1の大手EC&小売インフラカンパニー京東集団(ジンドンしゅうだん)(代表:劉強東 本社:中華人民共和国 北京市 NASDAQ:JD)は、 京東物流コンサルティングサービスを2019年より全面的に開始したことをお知らせします。

本サービスは、 京東物流が培った10年間の実績やノウハウを活かし、 中国および海外事業者に物流ソリューションをサービスとして提供するものです。 物流ネットワークの構築、 デジタル産業区域のプランニング、 物流システムの設計・改善、 ソフトウェアの開発など、 各分野でのコンサルティングやプロジェクトを実施します。
既存の物流センターには、 運営業務の全委託からワンストップサービス、 知能化されたサプライチェーンの導入が可能です。 物流園区や自動車のアフターマーケット市場、 日用品、 ネット通販、 製造業など幅広い業界をサポートします。

また、 事業者は「無人倉庫」「アジアNo.1」「無人仕分けセンター」「コールドチェーンシステム」などの京東物流が近年構築してきたスマート化した物流設備と技術が導入でき、 京東物流のサポートの下、 自社の「無人倉庫」「ロボット倉庫」などの設計ができるようになります。

京東物流は京東物流コンサルティングサービスの開始により、 多くの企業・業界に高水準、 高効率なソリューションを提供し、 物流産業の発展に貢献します。 また、 多くの企業と共にグローバルなスマート物流の技術発展を目指してまいります。

■京東のスマート物流技術
京東は2007年に物流網を構築して以来、 技術革新や研究などを重ねており、 特に「物流のスマート化」においては最も大きな実績を上げています。
2014年には、 京東が進める大規模スマート物流建設の起点となる、 高度なオートフォーメーションとシステム性を初めて備えた超大型スマート物流センター「アジアNo.1」を上海に建設しました。 現在「アジアNo.1」は国内に15ヶ所あり、 今後は主要都市も含め40ヶ所以上増える見込みです。
2017年10月には、 世界で初めてB2C分野における「無人倉庫」を導入しました。 無人倉庫は、 入庫や検品から梱包、 仕分け、 出庫まで、 全工程のスマート化を実現し、 中国の技術革新が世界的にリードしたことに大きく貢献しました。
スマート物流技術により「独身の日」などの繁忙期間においても、 京東物流の効率は大幅に向上しています。 2018年の「独身の日」の期間中、 京東のECモールから受注された90%以上のオーダーは、 受注当日または、 翌日までに消費者まで届けることができました。 また、 ある「アジアNo.1」倉庫では11月11日当日の受注処理数が70万件を超え、 物流業界の最高記録を残しました。

京東無人倉庫内部の様子

■京東物流の国際サプライチェーン
京東物流はこの3年間で世界の約110拠点に海外倉庫を設置するなど、 中国国内のみならず世界の物流効率向上に貢献しています。 現在東京、 香港、 ロサンゼルス、 アムステルダムなどの重要拠点に海外倉庫を保有しています。
また、 日本、 インド、 タイ、 オーストラリアなどを含む1,000本以上の国際物流ラインを持ち、 中国を中心に全世界を網羅した「双方向のチャンネル」は、 国際運送、 通関手続き、 税関などワンストップ式の輸出入サービスを実現しています。 インドネシアでは、 現地最大のEコマース物流網を構築し、 2019年1月にはインドネシア初となる、 政府承認のドローン飛行試験も実現しました。 タイでは、 東南アジア地区で最も先進的な倉庫・仕分け・運輸・配送などがすべて連動したサプライチェーンサービス体系を集積した「スマート物流センター」を建設しました。 日本では、 今年2月に楽天と京東物流のドローンや無人配送車など、 無人配送ソリューションの技術・設備を提供する提携を結びました。