JDニュース

自動車用品の自社ブランド「京安途(ジンアント)」を開設 オンライン・オフラインの融合で、業界全体の運営効率を大幅に改善

中国市場を牽引するECサイト「京東商城(ジンドンしょうじょう)(JD.com)」を運営する中国・小売業No.1の大手EC&小売インフラカンパニー京東集団(ジンドンしゅうだん)(代表:劉強東 本社:中華人民共和国 北京市 NASDAQ:JD)は、2019年3月21日に高い技術や品質を持つ業界大手メーカーと連携し、オンライン・オフラインを融合させた自動車用品の自社ブランド「京安途(ジンアント)(Jauto)」を開設したことをお知らせします。

京安途(ジンアント)は京東がこれまで培ってきた自社のビックデータや物流、テクノロジー、高品質なサポートを活かした自動車用品の自社ブランドです。取り扱う製品は、全自動生産ラインをはじめとした高い技術開発能力を持ち、国際品質規格の認証を所有する業界大手メーカーと共同開発しており、主に潤滑油・蓄電池・タイヤ・メンテナンス製品・工具などを取り揃えています。
またオンラインでの商品販売だけでなく、全国3,000箇所のサービスセンターと20,000箇所のサービス店舗を設置しました。実店舗を設置し消費者と企業とのコミュニケーションの場を設けることにより、品質レベルの認識の相違や不透明なサービスの解消を目指します。

現在、京東では4,000万人の自動車所有ユーザーを持っています。今回の自動車用品自社ブランド開設により、ユーザーは京東の良質で廉価な商品をオンラインで購入できるだけでなく、実店舗にて自動車アフターサービスを受けることができるようになります。

中国は自動車消費大国であり、昨今の自動車アフター市場は、急速な発展に伴う低価格競争・品質の低さ・不透明なサービスなど様々な問題に直面しています。京東ではオンライン・実店舗を有効的に組み合わせた運営モデルにより、消費者の多様なニーズを満たすだけでなく、業界全体の運営効率向上に貢献します。これからも京東は中国国内における「小売業者No.1」「物流網No.1」※1という強みを活かし、積極的なイノベーションを継続させながら、「ボーダーレスリテール※2」の実現に向けて技術発展を目指してまいります。

※1 出典:「JD.com Inc 1Q2018 Financial and Operational Highlights」(http://ir.jd.com/phoenix.zhtml?c=253315&p=irol-irhome)
※2「ボーダーレスリテール」とは:京東が提唱する、オンラインとオフライン(実店舗)、物流機能まで融合させたビジネスの総称です。消費者にいつでも・どこでも、オン・オフラインの境界線すらも越え快適に消費できる環境を提供する世界です。京東はこの「ボーダーレスリテール」を、小売業のあるべき姿と考え、そこに近づくためのサービスを提供しています。京東劉CEOはこの「ボーダーレスリテール」ついて、「シーンは無限、貨物に国境は無く、人と企業の間にも壁はない」と話しています。