JDニュース

中国初となる「ロボットレストラン」を開店 注文から配膳まで全行程をロボットにより自動化

中国市場を牽引するECサイト「京東商城(ジンドンしょうじょう)(JD.com)を運営する中国・小売業No.1の大手EC&小売インフラカンパニー京東集団(ジンドンしゅうだん)(代表:劉強東 本社:中華人民共和国 北京市 NASDAQ:JD)は、2018年11月10日、ロボットレストラン「京東X未来レストラン」一号店を中国天津市の天津エコシティ内にオープンしたことをお知らせします。オーダーから配膳までの全行程でロボットが作業をするレストランは中国で初めてとなります。

この度オープンしたロボットレストランは、料理の注文から、会計、調理、配膳、サービスをロボットにより自動化し、サービス・品質を標準化した最新型レストランです。5台の調理ロボットが中国八大料理40種を調理し、出来上がった料理は配膳ロボットによりテーブルに運ばれます。ロボットレストランの面積は400平方メートルあり100名まで収容できます。レストラン内には、映像を180°投影できる個室の他、ゲーム機エリア、また無人販売エリアを設置しています。

またロボットレストランの隣には、天津で3店舗目となる無人スーパーが同日にオープンしました。天津エコシティ内では無人配送車の運用も開始しており、京東の“無人技術”が天津エコシティ内でのオンラインとオフラインの融合を実現しています。これにより消費者の利便性向上に貢献しています。

これからも京東はロボットレストランを通して、AI技術と飲食業界を融合させ、積極的なイノベーションを継続させながら、「ボーダーレスリテール(無界小売)※1」の実現を目指してまいります。

※1「ボーダーレスリテール」とは:京東が提唱する、オンラインとオフライン(実店舗)、物流機能まで融合させたビジネスの総称です。消費者にいつでも・どこでも、オン・オフラインの境界線すらも越え快適に消費できる環境を提供する世界です。京東はこの「ボーダーレスリテール」を、小売業のあるべき姿と考え、そこに近づくためのサービスを提供しています。京東劉CEOはこの「ボーダーレスリテール」ついて、「シーンは無限、貨物に国境は無く、人と企業の間にも壁はない」と話しています。

■ロボットレストランの仕組み
<注文・会計>
テーブルに設置されたQRコードをスマートフォンで読み込み、アプリ上から料理を注文します。注文と同時に会計も完了します。

 

<調理>
注文は5台の調理ロボットへ自動的に振り分けられます。著名な料理人が監修したレシピに基づきロボットが調理します。味付けや料理方法がプログラミングされており、いつでも“本物”の料理を提供することができます。5台の調理ロボットは1名のスタッフによって管理されています。

<配膳>
できあがった料理は配膳ロボットによって各テーブルへ運ばれます。配膳ロボットは京東の自動運転技術と高精度のマッピング技術により、障害物を回避しながらレストラン内を自動運転します。またSLAMナビゲーション(位置推定とマッピングの同時実行)によって最適な配膳ルートを自動で構築します。

■ゲーム機エリア
レストランのロビーには体感ゲーム機とVRゲーム機を設置しています。料理の待ち時間にゲームを楽しむこともでき、顧客の満足度を高めています。

■180°投影個室
レストラン内には同時に20人収納可能な180°投影個室を用意しています。個室の天井には複数のプロジェクターが設置されており、希望の映像を投影することができます。また壁に触れた手の位置を捉え、部分的な映像の変化を楽しむことも可能です。

■京東X事業部 総裁肖軍 コメント
「ロボットレストランは、多くの都市で消費者により良い消費体験を与えることができると考えています。今回のロボットレストランのオープンにより、ボーダーレスリテールの応用範囲を更に広げ、オンラインとオフラインとの融合を促進させています。京東はロボットレストランと無人スーパー、そしてスマート物流を組み合わせることで消費、物流、飲食業のビックデータを活用し、スマートコミュニティの構築及び、スマートシティの実現に貢献してまいります。」

■ロボットレストラン動画