JDニュース

「独身の日」セール 取引額1,598億元(約2.62兆円)達成リアル店舗と提携し昨年対比25%増で過去最高記録を更新

中国市場を牽引するECサイト「京東商城(ジンドンしょうじょう)(JD.com)」を運営する中国・小売業No.1の大手EC&小売インフラカンパニー京東集団(ジンドンしゅうだん)(代表:劉強東 本社:中華人民共和国 北京市 NASDAQ:JD)は、2018年11月1日~11月11日で開催した「独身の日」セールの取引額が1,598億元(約2.62兆円)に達したことをお知らせします。今年の取引額は昨年対比25%増の過去最高記録となりました。

今年の「独身の日」セールではブランド品や輸入品の購入が増加する結果となりました。期間中に最も売れた商品は、携帯、エアコン、ノートパソコン、テレビ、洗濯機でした。輸入品ではカメラ、製麺機、おむつ、スポーツシューズ、髭剃りが最も売れた商品となっています。国別ではアメリカ、日本、ドイツ、オランダ、韓国の製品が人気でした。また若年層の購入率も上がっています。

高級ブランド専門のECプラットフォーム「TOPLIFE」はキャンペーン開始の2時間で、売上が618セールの14倍と大きく伸びました。

また、オフラインにも注力し、リアル店舗と提携したキャンペーンを実施しました。生鮮食品からファッションブランドまで1000ブランド60万店を超えるリアル店舗が京東と提携し、顧客へオンライン・オフラインの境界をなくしたショッピング体験を提供しました。

オンラインとオフラインを融合させることで、顧客の利便性を向上し、今回の最高取引額達成に繋がりました。

<独身の日キャンペーンハイライト>

・オンラインとオフラインを融合させたO2Oサービス 

京東と提携したリアル店舗では顧客がオンラインとオフライン双方で、キャンペーン情報を知ることができます。顧客の希望に合わせ、リアル店舗でもオンライン上でも商品を購入することができます。また、リアル店舗への来店促進のため、京東と提携した110ブランドそれぞれに様々なSNSミニゲームを企画しました。例えば、WeChatの万歩計機能を利用したゲームでは、歩数に合わせユーザーにポイントを付与し、集めたポイントは、リアル店舗への来店で商品と交換ができます。SNSミニゲームは1.8億人が利用し、大きな来店促進となりました。

・「独身の日」期間中の物流を支える京東の配送網・技術

京東は50箇所の無人倉庫及び自社配送網により、セール期間中においても、90%の注文を当日もしくは翌日に配送しています。またセール期間中、ドローンは約2万回飛行し合計12万キロに及び荷物を届けました。

カスタマーサービスでは、AIサポートサービスが約1630万回対応し、そのうち90%はAIサポートサービスだけで完結することができました。

■京東集団CMO兼京東モールCEO 徐雷コメント

「輸入品やブランド品を購入する消費者が増加していることから、中国では価格以上に品質を求めていることがわかります。京東は自社の“偽造ゼロ”の方針とブロックチェーン・トレーサビリティの革新で、この需要に応えられると考えています。そして消費者やブランドとの信頼関係を確立していきます。」