JDニュース

「独身の日」セール 越境ECの取引額は昨年比120%増 70万個以上の荷物を無人倉庫で仕分け、EC業界の最高記録を更新

中国市場を牽引するECサイト「京東商城(ジンドンしょうしょう)(JD.com)」を運営する中国・小売業No.1の大手EC&小売インフラカンパニー京東集団(ジンドンしゅうだん)(代表:劉強東 本社:中華人民共和国 北京市 NASDAQ:JD)は、2018年11月1日~11月11日で開催した「独身の日」セールにて累計注文額が1.598元(約2.62兆円)を達成し、うち越境ECの取引額が昨年から120%増加しましたのでお知らせします。また、京東物流の無人倉庫では70万個以上の荷物を捌き、EC業界で最高記録の荷物量を更新しました。

今年の「独身の日」セールでは、越境ECの取引額が昨年から120%増加しました。また日本の製品の人気も高い結果となりました。カルビーは「独身の日」セール開始後30秒で昨年のセール売上げ記録を更新しました。中国ユーザーから人気の高い美容商品では、人気美容ブランドとしてSK-2がランクインしました。また、ユニ・チャームがトイレタリー部門の売上げランキングにおいて1位になりました。資生堂はボディケア部門で売上げランキングが第1位になるだけでなく、ヘアケア部門では第2位にランクインし、さらに京東に出店している旗艦店の売上げランキングでもベスト5を記録しました。

「独身の日」セールでは、京東が持つアジア最大の物流倉庫「アジアNo.1」での配送物の処理量が70万件にのぼり、荷物量としてEC業界全体の最高記録を更新しました。京東の強みである自社物流「京東物流」は中国全土に物流ネットワークを持っています。また自動化設備の活用により「独身の日」でも例外なく90%の注文を同日もしくは翌日に配達することができました。配達最速時間として4分を記録しています。また、京東物流の成長により、コールドチェーンサービスの取引額は110%増加し、生鮮食品の売上げは昨年から2倍の合計29,500トン記録しました。

▲独身の日の京東物倉庫内の様子

■「独身の日」セールハイライト
<日本メーカー>
・パナソニックのトイレは昨年比1.7倍の売上げ
・コンタクトレンズの「1dayアキュビューディファイン」は昨年比の4.3倍の売上げ
・ドクターシーラボが「独身の日」セール開始後11分で昨年の売上げを超え、化粧水部門の売上げで1位にランクイン

<家電>
・冷蔵庫・洗濯機は合わせて3分で30憶元(約491.2億円)の売上げを記録
・テレビとエアコンはそれぞれ10億元(約163.7億円)の売上げを記録
・コーヒーメーカーは昨年より2倍の売上げ
・スクリーン付スマート冷蔵庫・ロボット掃除機・マッサージチェアは昨年の4倍の売上げ
・フルHDプロジェクターは昨年の3倍、4Kモニターは昨年の2倍の売上げ

<生鮮食品>
・カナダ産ロブスターは12トン
・豚・牛・羊肉は2800トン
・ヨーグルトは200万カップの売上げを記録
・京東の運営する生鮮食品店「7Fresh」では、オーストラリア産アンガス牛は先月比の12倍、オレンジは先月比12倍の売り上げを記録

<その他>
・国際線航空券は昨年のから158%の売上増加

■京東物流CEO 王 振輝コメント
「今年の「独身の日」は世界トップレベルの京東物流のインフラ技術によってEC業界および社会において過去最高の記録を達成し、新たな価値をつくる節目の年になりました。今後も京東物流のインフラ技術を磨き、最速のスピードで最高のサービスと最高品質の商品がすべての顧客に届けられるよう、全力を尽くしてまいります。」