越境ECトータル支援

あなたの商品を10億人のお客さまにPR。
中国に拠点を持たずに市場参入できます。

2つの越境ECスキームで日本企業をサポート。

JD.comの越境ECプラットフォーム(JDWW)に商品を出品するタイプ(小売り型)

JD.comが商品を仕入れして、小売りまでを一括して行います。
在庫管理・プロモーションをJD.comが行うので、御社は商品をJD.com指定の国内倉庫へ納入いただきます。

中国の消費者への対応も、JD.comが直接やり取りをするため、日本法人にとっては、中国への販売を手軽にスタートできる形です。

JD.comの越境ECプラットフォーム(JDWW)に旗艦店を出店するタイプ(出店型)

JD.comの越境ECプラットフォームをインフラとして利用していただき、御社がJD Worldwideの店舗ページから直接販売をする方法です。
出品者専用店舗ページでは、ブランドごとの商品ページを見せていく、といったこともできます。

中国の消費者へのプロモーションは、御社に行なっていただく形です。

JD.comの日本法人として、
御社に最適な運営代行会社をご紹介します。

出店後に直面する中国語や支払いの問題について、最適な運営代行会社をご紹介することにより、万全のフォロー体制を用意しています。

出店/出品と仕入れ、お支払の流れ

越境ECでは、日々の受注データを毎日中国語の管理画面より取得して、国際配送や売上計上処理、在庫管理を行わなければなりません。
受注データをCSVでダウンロードすることも可能ですが、CSVファイル内の購入者情報、購入商品名などの情報も全て中国語で記述され、売上金額も中国人民元(RMB)になっているため、商品出荷指示が煩雑になります。
運営代行会社は、その部分を解決する「中間システム」サービスを持っています。それらを顧客企業様へ提供することで、中国語を意識せずに日々の出荷作業や売上計上を行うことを可能にしています。また、プロモーション活動によるブランドや商品の認知向上のサポートも行います。

模倣品は一切許さない。
越境トレーサビリティサービスで商品に対する安心感を提供。

サプライチェーン情報の収集とデータの共同管理にブロックチェーン(ネットワーク内で発生した全ての取引を記録する「台帳」を管理する仕組み)を採用。ネットワークに参加している全ての関係者が同一の「台帳」を共有することで、情報の信ぴょう性を確保し、データの改ざんを防ぎます。

物流は、JD国際サプライチェーンによる
ワンストップサービスにお任せ。

御社の倉庫から消費者のお手元まで。直送モデル・保税区モデルどちらの場合も、JD国際サプライチェーンがワンストップで商品を運びます。

ご不明な点・ご相談など、
お気軽にお問い合わせください。

ビジネスに関するお問い合わせ

世界に誇れる日本の技術を中国市場へ
リアルビジネスのルート開拓もお任せください。

Alliance提携・技術提携などにより
リアルビジネスのルート開拓を支援します。

ビジネスルート開拓支援サービス